ウェブページ

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

可憐(基礎化粧品)

2012年10月 3日 (水)

木の花の咲くや 自然型 化粧下地 日焼け止め入り

日本豊受自然農より自然型化粧品 日焼け止め入り化粧下地 新発売!!

Image_bd053a_3

天然の紫外線吸収剤(フェルラ酸:米ぬかからの抽出品)により、
石けんでも落とすことができる自然型の日焼け止めクリームです。
伸びがよく、しっとりとお肌を整えますので、
化粧下地としての使用感もアップしました。

より自然に、より美しく・・・
毎日のお手入れだからこそ、自然な成分でお肌をいたわり、
内側から健やかなお肌を育てましょう。

●パラベンフリー、フェノキシエタノールフリー
●酸化チタン、酸化亜鉛、水酸化アルミニウム 不使用
●植物性紫外線吸収剤 使用
●SPF10相当、PA+相当 散歩や買い物など日常の紫外線対策に

内容量:30g
価格:1,890円(税込)

購入

【全成分】
水、プロパンジオール、エタノール、スクワラン、グリセリン、シリカ、マイ
カ、マカデミア油、ツバキ油、ペンタステアリン酸ポリグリセリル ―10、ステア
ロイル乳酸ナトリウム、ベヘニルアルコール、フェルラ酸、水酸化K、モノミリ
スチン酸ポリグリセリル、(アクリレーツ/アクリ ル酸アルキル(C10―30))
クロスポリマー、チョウジエキス、カワラヨモギエキス、カプリル酸グリセリ
ル、ラウリン酸ポリグリセリル ―10、BG、キサンタンガム、ラノリン、ソウハク
ヒエキス、ローズマリー抽出液、トウキンセンカ花エキス

【使用上または保管上の注意】
お肌に合わない場合は使用を中止してください。使用中、また直射日光があたっ
て、赤味、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた場合、使用を 中止してく
ださい。そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがあります。傷やはれ
もの、しっしん等、異常のある部位には使用しないでく ださい。乳幼児の手の
届かないところに保管してください。

【製造販売元】
日本豊受自然農株式会社
静岡県熱海市伊豆山1170-17
お客様窓口:0557-86-3080

2012年7月 1日 (日)

乳液ボディ「木の花の咲くや 可憐姿」

商品写真

のびがよく、かさかさに乾いたお肌もしっかり保湿。古来より日本でお肌や髪に使われてきた椿油と米ぬかからできたコメヌカ油を使用しています。いずれも皮脂に似ているので肌なじみがよく、皮膚の弾力性を保ちます。

【使用方法】
●ご使用前に容器を手のひらの上で5~6回たたいてからご使用ください。
●気になる部分にご使用ください。
朝晩の洗顔後、化粧水などでお肌を整えた後、お顔全体に適量をのばします。気になる部分には、さらに重ねづけします。

【使用上の注意】
●お肌にきず・はれもの・しっしん・かぶれ等のある場合にはご使用をおやめください。
●お肌に合わない時、即ち次のような場合にはご使用をおやめください。そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1)使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた場合。
(2)使用したお肌に、直接日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
●目に入った時は、こすらずにすぐにきれいな水で洗い流してください。
●清潔な手で取り扱い、使用後はしっかり蓋を閉めてください。また、一度取り出した中身を再び容器の中に戻すことは絶対におやめください。
●直射日光や高温多湿を避け、お子様の手の届かないところに保管してください。紫外線・酸素・高温により変色する場合がございます。

【木の花の咲くや 可憐姿 全成分】
ヘチマ水、水、ツバキ油、グリセリン、BG、コメヌカ油、水添レシチン、トウキンセンカ花エキス、ハマメリスエキス、トコフェロール、キサンタンガム、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ココイルアルギニンエチルPCA、エタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、1 2-ヘキサンジオール、メチルパラベン、プロピルパラベン

ご購入はこちらから ホメオパシージャパンオンラインショップ

乳液フェイス「木の花の咲くや 可憐顔」

商品写真

肌なじみがよく、べたつかずにさっぱりした塗り心地のオイルを厳選しました。北米で、日焼けを防ぐために用いられてきたホホバ油と、オリーブオイルから抽出されたスクワランを使用しています。皮膚の上に皮膜をつくってお肌の水分を逃さず、潤いが続きます。

【使用方法】
●ご使用前に容器を手のひらの上で5~6回たたいてからご使用ください。
●気になる部分にご使用ください。
朝晩の洗顔後、化粧水などでお肌を整えた後、お顔全体に適量をのばします。気になる部分には、さらに重ねづけします。

【使用上の注意】
●お肌にきず・はれもの・しっしん・かぶれ等のある場合にはご使用をおやめください。
●お肌に合わない時、即ち次のような場合にはご使用をおやめください。そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1)使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた場合。
(2)使用したお肌に、直接日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
●目に入った時は、こすらずにすぐにきれいな水で洗い流してください。
●清潔な手で取り扱い、使用後はしっかり蓋を閉めてください。また、一度取り出した中身を再び容器の中に戻すことは絶対におやめください。
●直射日光や高温多湿を避け、お子様の手の届かないところに保管してください。紫外線・酸素・高温により変色する場合がございます。

【木の花の咲くや 可憐顔 全成分】
ヘチマ水、水、スクワラン、BG、グリセリン、ホホバ油、水添レシチン、トウキンセンカ花エキス、ハマメリスエキス、トコフェロール、キサンタンガム、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ココイルアルギニンエチルPCA、エタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、1 2-ヘキサンジオール、メチルパラベン、プロピルパラベン

ご購入はこちらから
ホメオパシージャパンオンラインショップ

リップクリーム「木の花の咲くや 可憐唇」

商品写真

カレンデュラから抽出した天然色素カロチノイドで、わき立つような可憐な黄色の発色を実現しました。
やわらかいワックスタイプのリップクリームで、唇をしっかりと保湿します。艶感があり、リップグロスとしてもご使用いただけます。
チューブの先端が斜めにカットされて唇へ塗りやすくなってます。
●ミツロウ…ミツバチが自分たちの巣を作るため にハチミツからつくる蝋(ろう)の一種。
ハチの体を通って栄養が凝縮されており、保湿・柔軟作用などの特性に優れています。
ミツロウはミツバチの巣を加熱溶解させ不純物を取り除き、常温に戻し固化させたものです。
●椿油…椿の種子のオイル。酸化しにくいオレイン酸を主成分とし、その安定性から、
日本では古くからお肌や髪のケアに使われてきました。皮脂と性質が似ているので唇への
なじみがよく、しっかり保湿します。
●ヒマシ油…トウゴマの種子の油。こちらも古くから化粧品に使われてきた歴史があります。
自然な塗り心地で、保湿力があります。

【使用上の注意】
●お肌に合わない場合は使用を中止してください。
●使用中、また直射日光があたって、赤味、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた場合、使用を中止してください。
●傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位には使用しないでください。
●冷所・暗所に保管し、開封後は早めにご使用ください。
●乳幼児の手の届かないところに保管してください。

【木の花の咲くや 可憐唇 全成分】
ヒマシ油、ミツロウ、ツバキ油、トウキンセンカ花エキス、トコフェロール、エタノール、(エチルヘキサン酸/ステアリン酸/アジピン酸)グリセリル

ご購入はこちらから
ホメオパシージャパンオンラインショップ

ヘアジェル「木の花の咲くや 可憐髪」

商品写真

うるおい成分を凝集した液晶ジェルが、濡れた髪に触れたとたんに乳液に変化し、髪のダメージを補修します。
シャンプー後の髪を毛先までなめらかに、髪本来のハリ・コシを与えます。
洗髪と洗身と合わせて使えば、髪をすこやかに保ちます。
Tip :ハリコシ髪を目指すなら、毛先のみに薄く薄く馴染ませましょう。

【使用方法】
●シャンプー、タオルドライの後に、適量を手に取り薄くのばし、髪全体または毛先になじませます。洗い流す必要はありません。

【使用上の注意】
●お肌に合わない場合はご使用を中止してください。
●使用中、また直射日光があたって、赤味、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた場合、使用を中止してください。
●傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位には使用しないでください。
●乳幼児の手の届かないところに保管してください。
※ ジェルの色は天然色素(カレンデュラの色素)です。

【可憐髪 木の花の咲くや 全成分】
ツバキ油、コメヌカ油、グリセリン、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、トコフェロール、トウキンセンカ花エキス、エタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、マヨナラ葉油、レモングラス油

ハンドクリーム「木の花の咲くや 可憐な手」

商品写真

ベルガモット(ベルガモット果実油)のさわやかな香り、カレンデュラ(トウキンセンカ花エキス)とツバキ(ツバキ種子油)がやさしくしっとり手を包みます。さらさらとした使用感なので、お手入れ後も気になりません。今までにないうるおいとさわやかさを実感していただけるでしょう。

【使用上の注意】
●お肌に合わない場合は使用を中止してください。
●使用中、また直射日光があたって、赤味、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた場合、使用を中止してください。
●傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位には使用しないでください。
●冷所・暗所に保管し、開封後は早めにご使用ください。
●乳幼児の手の届かないところに保管してください。

【可憐な手 木の花の咲くや 全成分】(原料由来)
水(水)、ヘチマ水(ヘチマ水)、ツバキ油(ツバキ種子油)、スクワラン(オリーブから抽出)、ベヘニルアルコール(ナタネ油)、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10(植物から得られるイソステアリン酸から作る)、ステアロイル乳酸ナトリウム(合成品)、ハチミツ(ハチミツ)、プロパンジオール(植物でんぷん)、ホホバ油(ホホバから抽出)、ミツロウ(ミツロウ)、ラノリン(羊の毛の油)、トウキンセンカ花エキス(カレンデュラ抽出液)、PEG-60水添ヒマシ油(ヒマシ油)アクリレーツ・アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー(合成品)、ココイルアルギニニンエチルPCA(植物由来)、水酸化カリウム(水酸化カリウム)、ベルガモット果実油(ベルガモット果実油)
※ベルガモット果実油はベルガモットFCF(フロクマリンフリー)を使用しております。

ご購入はこちらから
ホメオパシージャパンオンラインショップ